日々変化する
IT環境に立ち向かう
IT監査の
プロフェッショナル
日々変化する
IT環境に立ち向かう
IT監査の
プロフェッショナル

今井 康太Kota Imai
監査サポート部 シニア|2021年入社

SEとして金融機関のシステム開発・保守を経験。ワークライフバランスとIT領域における新たな活躍の場を求めてアークに入社。

PERSON

入社動機

前職では損害保険分野のホスト系システム開発・保守を行っていました。ワークライフバランスを改善したいと思い転職活動を行う中でアークの求人に出会いました。アークでは1日の労働時間が7時間と短く、残業時間も少ないということでワークライフバランスを実現した働き方ができると思いました。また社内SEとIT監査を兼務するため、これまでのSEとしての経験を活かしつつ新しいITの領域にもチャレンジできることに魅力を感じ入社しました。

現在の仕事内容

9月~5月はIT監査、6月~8月は社内システム管理が主な業務です。IT監査では監査チームのIT専門家として、監査対象企業に対して内部統制監査のIT全般統制の評価や、CAATツールを用いた仕訳データの分析等を行っています。システム管理では社内ネットワークの管理や、システム管理の効率化等ITに絡む様々なことをITアシスタントと協力して行っています。

最もやりがいがあった
出来事

1年目から20社弱のクライアントのIT主担当を任されたことです。ITに関する知識はあったものの、IT監査ははじめての経験でした。しかし社内研修やOJTを通してIT監査のポイントを理解することで、大きなトラブルなく期末監査を終えることができました。

職場環境

入社理由の一つであるワークライフバランスは入社前後でギャップがありませんでした。繁忙期は一定期間の内にやらなければいけないことが多く、休暇を取得するのが難しいこともありますが、メリハリを持って働くことができる環境だと思います。仕事で判断に迷う点があっても上司や先輩に相談に乗ってもらい、納得感を持って仕事を進めることができます。

今後の目標

アークでは早い段階からクライアントの内部監査室やシステム部門の役職者の方との折衝を任されるのでやりがいがあります。また大手の場合、担当するクライアント業種が配属の段階で決まっていることもありますが、アークでは様々な業種のクライアントを担当できます。そのため自分の興味のある業種を見つけたり、業種やクライアントの規模ごとのIT環境の違いを理解するのも面白いかもしれません。
今、データ分析のためのCAATやBIツールの活用、RPAによる業務効率化などITに係る様々なことが求められています。新しい技術やツールについて理解し、業務に活かしていきたいと思います。またIT監査についても年間を通しての一連の流れを経験することはできましたが、今後も継続的に知識の習得と実践を通してより建設的な意見をクライアントに提言できるようになりたいです。

後輩へのメッセージ

IT担当はほとんどのメンバーがIT監査未経験で中途入社しています。自分もそうでしたがIT関連で働く人にとって監査法人で働くというのはあまりイメージがないと思います。しかしシステム開発・運用等IT関連の経験があればIT監査に活かせることもありますので、IT監査という業務に興味を持ったら是非選択肢の一つに入れてもらえればと思います。