アシスタントチームの連携で、
監査の効率化を実現
アシスタントチームの
連携で、
監査の効率化を実現

長沢 真利恵Marie Nagasawa
監査業務部 監査アシスタント|2018年入社

大学を卒業後、多彩なキャリアで積んだ経験を活かせると考え、監査アシスタントに応募。2018年に倍率50倍を見事勝ち抜き入社した。

PERSON

入社動機

前職では金融専門職や現代アートキュレーター、通訳コーディネーターを経験しました。今まで身に付けてきた、資料管理能力や語学力等を総合的に活かせると考え、アークへの転職を決意しました。ワークライフバランスを重視する姿勢に魅力を感じたことも入社の決め手になりました。

現在の仕事内容

会計士が専門的な業務に専念できるよう、補佐するのが仕事です。具体的には、製本作業やデータ入力といった事務仕事をしています。語学力を活かして翻訳依頼を請け負うこともあり、幅広い業務に従事しています。また、5つほどの監査チームに関わっているので、事務所で仕事をしたり、クライアント先で作業をしたりと日によって様々です。

仕事のやりがい

アシスタント全員のチームワークが上手く機能したときに、やりがいを感じます。それぞれに得意不得意があるので、互いに補完し合って効率よく仕事を回せたときには達成感があり、チームで仕事をしている意義を感じます。

職場環境

職場でのコミュニケーションが活発なので、分からないことがあっても周囲に尋ねやすい環境です。皆さん快く教えてくれるため、問題解決が図りやすく、効率的に仕事ができていると思います。

今後の目標

会計士のニーズに柔軟に応えていくことが目標です。アシスタントとはいえ、専門性の高い監査業務をサポートするためには一定の専門知識は必要なので、日々触れるものは全て勉強素材であると思っています。また、監査アシスタントチームとしては、業務の進捗報告を徹底することで、より効率的に監査業務をサポートできる体制を、全員で作り上げようと努めています。

私が思う、アークの魅力

職種や職歴を問わず、コミュニケーションがとりやすい風土が魅力です。個性豊かで優しい方が多いため、周りの人に恵まれているなと感じています。