IT監査もシステム管理も
経験できる、
スキルアップしやすい

新田 晃輝Koki Nitta
監査サポート部 シニア|2018年入社

前職では鉄鋼分野のSEとして、システム開発・保守・運用に4年ほど従事。これらのスキルを活かして、2018年にアークの監査サポート部に入社した。

PERSON

入社動機

様々なスキルを積みたいと考えていたところ、アークではIT監査からシステム管理まで、幅広い業務に携われるということで入社しました。ほとんどの法人では、企業のITリスクを経営目線で検討・評価するIT監査と、法人内システムをマネジメントするシステム管理は別部署です。しかし、アークは1つの部署でどちらも経験できる独自の業務構造を持っており、そこに魅力を感じました。

現在の仕事内容

IT監査6割、システム管理4割で仕事をしています。IT監査では、会計士チームのサポートをしています。例えば、監査対象企業の基幹システムに係るITリスクを検討・評価し、また会計士が財務リスクを発見・分析しやすいようにITツールやプログラミングにより、サポートをしています。また、システム管理では、PCセッティング、ホームページの作成からシステムの導入といった、法人内のシステム運用などを行っています。

仕事のやりがい

昨今IT需要が高まったことで、財務に影響するプロセスまでIT化している企業も増えています。それに伴いIT監査の需要も伸びているので、成長分野に携われていることにとてもやりがいを感じます。また、様々な会社の考え方に触れられるため、とても勉強になって面白いです。

職場環境

アークは役職によって裁量労働制を採用しているので、自分で予定をコントロールできます。そのため、ワークライフバランスがとりやすく、子どもとの時間が作りやすくなったので、とても働きやすいです。

今後の目標

最近データ分析の業務が増えてきたので、データ分析の自動化に取り組み、業務負担を軽減させたいです。監査サポート部でプログラムを作成し、データ分析の自動化を実現させることで、誰でも簡単に扱えるようにするのが目標です。

私が思う、アークの魅力

IT担当の目線ですが、やはりIT監査とシステム管理の両方に関われることが魅力です。IT監査にはシステム管理の視点がとても活きてきます。そのため、片方の仕事が、もう片方のスキルアップにも役立てられるアークの業務構造は、とても効果的だと思います。