30歳目前に会計士に挑戦。
働くなら
アークと決めていた
30歳目前に
会計士に挑戦。
働くなら
アークと決めていた

宮崎 丈治Takeharu Miyazaki
監査業務部 ジュニア|2018年入社

29歳の時に前職のアパレル会社が倒産。一念発起し、会計士を目指して資格学校に通い、合格後の2018年12月に入社。現在は入社2年目で、ジュニアとして監査に携わる。

PERSON

入社動機

勤めていたアパレル会社の倒産後、手に職を付けようと会計士に挑戦することを決め、4年半の猛勉強の末、合格しました。大手に比べて、アークは若手のうちから活躍の場があること、何よりも受験勉強中も温かく応援してくれた人の良さに惹かれ、他法人には目もくれず、アークの面接を受けました。

現在の仕事内容

監査の結果を一覧できる総括監査調書を作成するために必要な、個別監査調書の作成に関わる仕事を担当しています。また、最近ではインチャージの見習いとして、クライアントとチームの間に立って、日程や業務を調整する仕事にも関わり始めています。

仕事のやりがい

仲間や、クライアントから感謝の言葉をもらったときに、やりがいを感じます。また、3年目でインチャージ業務を任されたり、30代前半という若さでパートナーに就任する人もいたりとチャンスが豊富なため、高いモチベーションで仕事に取り組めます。

職場環境

アークはリスクアプローチを徹底しており、リスクの大小に応じたメリハリのある監査をしているため効率的に働けます。そのため、一般的に残業の多い業界ですが、アークではほぼ定時に退社できるので、ワークライフバランスが取りやすいです。

今後の目標

インチャージ業務を破綻なく遂行することです。今までは、インチャージから指示を受けて仕事をしていましたが、今後は自身がクライアントとの窓口となり、チームに仕事を割り振る立場になります。楽しみ半分、緊張半分ですが、チームでの監査が円滑に進むように取り組みたいです。

私が思う、アークの魅力

アークはまだまだ発展途上で、伸びしろのある法人です。2020年7月には近畿第一監査法人と合併し、規模が拡大し続けています。また地方に事務所を構え、クライアントの獲得に注力するなど、成長にとても積極的です。大手では味わえない、法人と一緒にステップアップしていける環境がアークの魅力だと思います。