監査サポート体制 監査サポート体制

アークは現在120名ほどの規模ですが、その中には、会計士だけでなく、監査業務をサポートする多種多様な人材が活躍しています。

会計士と協力しながら、業務をうまく分担し業務の効率化を図っています。

会計士は事務作業などに追われることなく、専門業務に集中でき、能力を存分に発揮できる環境が整えられています。

監査アシスタント 監査アシスタント

監査チームの一員となり、残高確認書の発送・回収業務や、膨大な監査データの加工など、様々な監査補助業務を行い、監査業務をサポートします。

監査アシスタントの活躍により、会計士は専門知識を生かした業務に専念し、監査業務の効率化と監査品質の向上を目指しています。

監査アシスタント

IT専門家 IT専門家

ITの専門知識を活かし、分析ツールを用いた仕訳テスト(CAAT)や内部統制監査におけるIT全般統制及びIT業務処理統制の評価業務などを行います。

また、監査に使用するデータの信頼性の検証なども行い、会計士と連携して監査品質の向上に貢献しています。

IT監査だけでなく、法人のシステム管理、情報セキュリティなども担っており、法人運営に貢献しています。

IT専門家

USCPA USCPA

基本的には、日本の公認会計士資格者と同様の業務を行いますが、米国の会計知識や語学力を活かした業務を行っています。

外国籍の方も活躍しており、クライアントのグローバル化への対応を図っています。

海外子会社とのやり取りやアニュアルレポートの検証業務なども増えてきており、活躍の場が広がっています。

USCPA
トップに戻る